ステッパーの歩数を足首スマートウォッチで計測

テレワークではスタンディング状態かつステッパーで足踏みしながらPCと向き合っています。
でも最近はステッパーの足踏みがとまりがちでした。
毎日の歩数目標を立てて、成果を確認することで続けることを考えました。
 
残念ながらスマートウォッチやスマホでは通常、ステッパーでの歩数を計測することが難しいです。
足踏み状態では上半身に基本的に動きがないためです。
そこで足首にスマートウォッチを巻くことを考えました。
スマートウォッチで定番の Miband は調節可能長さが 155 ~ 219 mm です。
ぎりぎり足首に巻くことができそうでした。
 
 
足首の太さは 20 cm ですが、Mibandのストラップの一番遠い穴が快適でした。
足首の太さ + 1cm の余裕を見たほうがよいでしょう。
Miband のストラップはシリコーンですべすべで、つけ心地はよいです。
 
右足首に装着しました。
ディスプレイを内側にむけることで、脚を組んだときにディスプレイが見えるようにしました。
 
ステッパーでの歩数を計測できるか実験してみます。
ぎりぎりタイピングができる程度の体の揺れです。
しかしながら、歩数は1055から増えることはありませんでした。
 
普通に歩くのとは異なり、足踏みは計測されずらいようです。
次は足踏みのスピードを上げてみました。
ジョギング程度の脚の回転です。
タイピングをするには難しい体の揺れです。
すると歩数が1055→1074となり、無事に計測されました
 
歩数を計測するために脚さばきを早くする必要がありますが、逆に良いことと考えることにしました。
早めのほうが良い運動になります。
 
🔝