スキー板にワックスをかける理由

スキー板には「ワックス」をかけるというメンテナンスが必要らしい。
 
実際に自分のスキー板の裏面を見てみると、元々は真っ黒だったのに、色が薄れてきているのに気づいた。
以前に体験でクロスカントリースキーをしたことがある。レンタルしたスキー板の裏面に大きな雪の固まりができて動きづらかったことを思い出す。
 
なるほど、あれはメンテナンスがされてないせいだと気づいた。そこで、都度のワックスがけが必要だと感じた。
 
まずはスプレータイプのワックスをかける。スプレーから噴射された液体がヘッドのスポンジに浸透するので、そのスポンジでワックスをかけることになる。ムラなく濡れている気がするが、ワックスの持久力はそこまで高くなさそう。
 
次にペーストタイプのワックスをかける。ワックスの持久力を高められると期待。
 
最後にビンディング部分にシリコンスプレーを吹きかけて、稼働をスムーズにしておく。プラスチック対応であることが大事。
 
 
🔝