衣類乾燥機の自作ラックを撤去して、純正スタンドを購入

引っ越しに備えて

 
今の賃貸マンションに引っ越してからもうすぐ4年。
別の場所に引っ越したいとなったときに、目についたのがDIYした衣類乾燥機ラック。
洗濯機をよけながらものすごく時間と苦労をかけて設置したラックについて、撤収に時間がかかるのが目に見えていました。
 
引っ越し作業では色々なものをパッキングする必要があって、衣類乾燥機だけにかまっていられる余裕はありません。
そのため、いざ引っ越しが発生したときにすぐに移動できる純正ラックに今のうちに切り替えました。
純正ラックはDIYメタルラックよりもシンプルでスリムな形状、そして軽量。
分解せずに持ち出すことができるので、引っ越し前に慌てて分解する手間がありません。

ラック自体のリセールバリュー

 
日立のびのびスタンドは純正の衣類乾燥機ラックですが、新品で約12000円。メルカリ中古でも9000円で買ってもらえそうです。
一方で、DIYしたラックはなかなか売れないと予想がつきます。
 
 

どこにでも設置できる安心感

 
引っ越しをするたびに、洗面所の環境は変わります。
今の洗面所だと問題のないDIYしたメタルラックでも、引越し先の洗面所でつかえる保証はありません。
 
純正のラックであれば最もコンパクトでスリムです。洗面所がたとえ狭くても、衣類洗濯機を置けないことはないでしょう。

デザインのシンプルさ

 
洗面所は狭いです。
そんな狭いところに、洗濯機や衣類乾燥機をおくだけでもごちゃごちゃしたかんじになります。
洗濯機や衣類乾燥機自体はそこらへんを考慮してくれて、だいたい白色にシンプルなデザイン。洗面所に風景にとけこみます。
でもメタルラックって金属光沢のギラギラ感があるので、洗面所にあると圧迫感があります。
 
 

業者が無料で組み立てをしてくれる

 
Amazon で購入した場合、組み立て&設置はしてくれません。
楽天で購入したところ、無料の組み立てと設置を依頼できて、これがなかなか快適でした。
たしかにメタルラックDIYは安く済みますが、その代わりに手間がかかります。
採寸や組み立てを考えた時、少なく見積もって作業は5時間くらいかかる気がします。
時給が2000円としたらトータル 1 万円。もはや純正のラックが買えます。
 
 
 

業者が洗濯機と衣類乾燥機の移動もしてくれる

 
衣類乾燥機ラックの組み立てを業者さんがやってくれるだけでなく、こちらに伴う洗濯機や衣類乾燥機の移動もやってくれます。
別料金かかりますが、ひとり暮らしだと洗濯機や衣類乾燥機の移動はものすごく大変なので、是非お願いしましょう。
  • 洗濯機の移動・再設置 1300円
  • 衣類乾燥機の移動・再設置 1500円
わたしは最初、自力で衣類乾燥機の上げ下げをやろうとして腰を壊しかけました。
ありがたいのは、アースや排水ホースもうまくやってくれます。
 
ちなみに業者さんからこんなメールがきます、参考までに。
 
 
🔝