Oura Ring は寝るときにだけつけると良い

指輪型ガジェットは便利にみえて、日常生活では不便に感じることが多いです。
写真とともにその理由をメモします。
 
手を洗ったときなど、Oura Ring との間に水がたまります。
タオルで拭いた後に Oura Ring をずらしてみるとこのようになっていました。
結婚指輪などの普通の指輪は細くて指にピッタリフィットなので、このようなことは起きないはず。
 
指にのこった水滴を拭くために、Oura Ring を外すのはやためたほうが良いです。
ポケットに入れたままにして忘れて、そのまま洗濯してしまうリスクがあります。
 
OuraRingは指輪に比べて太さだけでなく、でっぱり具合も大きめ。
100円玉2枚分の厚みがあります。
 
特に固いものを握るとき、OuraRingが指に食い込むので結構痛いです。
皿洗いのときや料理でフライパンの固い柄を握るときなど、普段の家事でジャマに感じます。
柄を握ることで、指とOuraRingにすき間ができています。
 
普通にコップをもつだけでも、「コン」と金属同士がぶつかる音がします。
 
特に筋トレでは金属の固いシャフトを握ることが多いので、筋トレのときは外す必要があります。
 
自分はシステムエンジニアでよくキーボードに触ります。
指にOuraRingをつけると、タイピングに違和感が発生してます。
人差し指につけたOuraRingが中指と干渉して、中指が動かしづらく感じます。
特にOuraRingがツヤありなので、サラサラというよりも、引っかかる感触があります。
 
Oura Ring はほとんどのデータを睡眠中に取得します。
Oura Ring Gen2 の場合、心拍と体温は実は寝るときにだけ計測できます。
歩数は別で身につけているスマートウォッチで正確に計測できるので不要です。
日中睡眠時
歩数
安静時心拍数
心拍変動
呼吸速度
体温
睡眠時間
睡眠ステージ
 
日常生活で着用するメリットはないです。
おしゃれに見えて、人の目をひけることくらいですが、重要ではありません。
実際に公式サイトでも同じような質問をしている人がいました。
 
逆に寝るときだけつけることのメリットがあります。
Oura Ring はそのコンパクトさ故に、バッテリーは長く持ちません。
Miband5 は10日間もちますが、Oura Ring は 5日間ほどと短めです。
日中帯はずっと充電スタンドにおくことで、常にフル充電で、夜をむかえることができます。
 
 
🔝