雪道の運転に備えて買ったもの

長野にきて車を購入してから初めての冬を迎えます。
雪山にいくので、雪の運転に必要なものを一通り準備したのでメモします。
 

スタッドレスタイヤ+ホイールセット

雪山に続く道は市街地よりも路面状況は悪いはず。
もっとも雪道での性能が高いとされるブリジストンのVRX3を購入しました。
自分でタイヤ交換ができるように、ホイールセットで購入。
ホイールは防サビのものを選択しました。

スノーワイパー

通常のワイパーだと、凍りついていしまう可能性があるとのこと。
PIAAはワイパー界隈では有名なブランド。
グラファイトではなく、窓の撥水もしてくれるシリコートワイパーを購入しました。

解氷スプレー

雪山にでかける朝は早いので、フロントガラスが凍りついてしまっていることが多いです。
スプレーがあればかんたんに解かすことができます。
 

スノーブラシ

車に積もった雪を払うツールとして、スノーブラシが定番です。
ブラシ部分が車体を傷つけるという理由で、ブラシにタオルカバーをすることが多いようです。
それならば最初からタオルヘッドになっているものを使えば良いはず。
部屋のフロアモップをスノーブラシとして流用しています。
 

スクレーパー

車体についた氷を削り取るために。

ブラシ

車体よりも、衣服や靴に付着した雪を除去するために。
車に乗り込む時に余計な雪を持ち込まないで済む。

防寒テムレス

雪をどかす・除去する作業をする際に、手が濡れないようにするために。
ある程度の保温力もある。

ウォッシャー液

通常のウォッシャー液は凍ってしまう可能性があるとのことで、ウォッシャー液を原液にしています。
 
🔝